台湾ぐるり一周5日間 Part5 旅行記

 
2006年11月18日掲載
台湾ぐるり一周5日間 Part5 旅行記

2004年9月7日(火)

旅行2日目の朝を迎える。

7時からバイキング形式の朝食。こういうホテルの場合,日本だけでなく,海外でも朝食はバイキングが多い。好きなだけ食べられるのはいいのだが,そこまでおいしくなかったりする…。

ベーコン・スクランブルエッグ・テーブルロール・ジュースなどなど,おなじみの料理が並んでいるが,このホテルには中国文化らしい「肉まんらしきもの」が置いてあった。試しに食べてみた。まぁ…普通の味。日本のコンビニの肉まんには及ばない。(味覚の違いかもしれないが)

8時半にホテルを出発。そしてバスに揺られること1時間半…。山の中の湖「日月潭(にちげつたん)」に到着。台湾有数の観光地で,大きくてきれいな湖である。展望台からの眺めはとてもよく,台湾の観光ガイドブックにはかなりの確率で掲載される景色だそうだ。

駐車場近くには,観光地にはつきものの怪しいおみやげ屋がずらり。客引きのすさまじさが日本とはまるで違う。中にはまともなおみやげ店もあるかもしれないけど,ヘタするとニセモノ&割高なモノをつかまされるので,こういう場所ではガイドさんの説明をよく聞くことをおすすめする。

展望台から眺める日月潭
展望台から眺める日月潭

その後,ちょっと早い昼食をとる。台湾の田舎料理だったのだが,今回は私たちの口に合う料理ばかりだった。久しぶりに全部おいしいと感じることができた。(今までの料理は意味不明なものが少なからずあったので…。)

他の参加者のみなさんも「おいしい!」と大興奮。ここはガイドさんいちおしの料理店だそうだ。みんなでガイドさんを褒めまくる。

食事のあとは黒檀・紫檀製品の買い物。この近辺は台湾でも有数の黒檀・紫檀の産地だそうで,国中のどこよりも安く買えるらしい。もちろん日本よりもずーっと安い。

黒檀は硬い木で,1ヶ月に0.01mmしか成長しないとのこと。製品として使える木になるまで300年ほど必要だとか…。そりゃ高級なはずだ。黒檀に比べ,紫檀はちょっとランクが落ちるらしい。

私は日本人に一番人気といわれる鶴の置物セットを購入。1500元(約5000円)だったが,日本でこの値段は絶対にありえないそうなので,まぁ記念に買ってみた。デザインも結構かわいかったので…。床の間にでも飾ったら案外いけるかもしれない。

さすがに○○万のタンス類は却下する。

前のページ  次のページ  旅行記トップページ

スポンサード リンク


コメント (掲載されるまでしばらくお待ちください。)




コメント内のURLは自動的にハイパーリンクに変換されます。HTMLタグは利用できません。
トラックバック (掲載までしばらくお待ちいただく場合があります。)
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.arahabika.com/mt6/mt-tb.cgi/392
Copyright (C) 2005- La Partenza All Rights Reserved.
since 2005.06.28